こんな会社に依頼しよう

依頼すべき会社には色々と判断基準があるでしょうが、まずは入居者が決まらなければ話になりません。そこで、プランの打ち合わせで募集方法や提携している不動産会社数を確認しておくのがよいでしょう。次に問題となるのが入居者の質になります。マイホームを貸し出し、数年後に戻ってくるということから考えて、どういう風に募集するのかやその基準、そして原状回復はどうなるのか、というのもきちんと確認する必要があります。

そして、もちろん管理物件の数も重要な判断基準です。なぜなら、それだけリロケーションのノウハウを持っているということであり、大事なマイホームを任せるに値するのか、ということの判断基準になるからです。また、意外と忘れがちなのが帰ってきたときのことです。帰ってくるのが前後するのは良くあることですので、そういった場合どうなるのか、帰ってきていつぐらいに入居可能なのか、入居者が退去しない場合の保障はどうなるのか、などきちんと確認しなければなりません。そして、こういったことをきちんと営業マンが聞かれずとも説明してくれるところは安心できるのではないでしょうか。

また、言わなくとも、尋ねればきちんと誠実に答えてくれるところが信頼できる会社となるはずです。いいかげんだったり、言葉を濁したり、はぐらかしたりなどの場合には信用できない会社と判断して止めておきましょう。きちんと対応してくれるか、というのが会社選びの重要なポイントとなるはずです。

一括見積で家賃決め

しかし、リロケーションサービスを利用するとしても、一体どの業者が良いかを選ばなければなりません。できることなら家賃を高く設定でき、管理もしっかりな業者を選びたいものです。欲を言えば、貸す側としてできるだけ有利な条件で質のいい借り手を住まわせてくれる業者が理想的です。しかし、それを不動産屋に一軒一軒査定してもらったりするのは非常に手間です。

しかも、海外赴任に行くまでにある程度余裕を持って決めたい、という気持ちが働きます。そんなときに便利なのが、ネットでの家賃の一括見積もりサービスです。利用料金はかからない上に、一度の入力で複数の会社からプランを受けることができます。できるだけ多くの会社で見積もりがでれば、それだけ選択肢も増えて、決めやすくなります。

しかし、このサービスにもデメリットがあります。それは、このサービスを利用していない不動産業者からのプランは入手できず、そのことから地域によっては全く見積もりを受けることができない、などということがあることです。そういった場合は、一軒ずつ不動産屋を回らなければならないわけですが、複数社から見積もりを受け取った場合には、どういった基準で依頼する会社を選ぶべきでしょうか。